日本における新型コロナウイルスに関する水際対策強化:入国拒否対象地域の追加

2020/3/27
 3月26日,今般「水際対策強化に係る新たな措置」が決定されました(https://www.es.emb-japan.go.jp/files/100031946.pdf )。本件措置により,上陸拒否対象地域にスペインを含む欧州21か国及びイランの全ての地域が以下のとおり追加されました(日本国籍者は対象外)。これらの地域に14日以内に滞在歴のある外国人の方は,特段の事情がない限り,入国拒否の対象となります。
スペインについては,今回新たに「全土」となりました(以前はナバラ州,バスク州,マドリード州,ラ・リオハ州のみ)。
 本措置は,日本時間3月27日午前0時から当分の間,実施されます。ただし,実施前に外国を出発し,実施後に日本に到着した場合は対象外です。
 
●出入国管理及び難民認定法に基づき上陸拒否を行う対象地域(下線部が追加)
中国(湖北省,浙江省),韓国(大邱広域市,慶尚北道清道郡,慶山市,安東市,永川市,漆谷郡,義城郡,星州郡,軍威郡),アイスランド,アイルランド,アンドラ,イタリア,エストニア,オーストリア,オランダ,サンマリノ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロベニア,デンマーク,ドイツ,ノルウェー,バチカン,フランス,ベルギー,ポルトガル,マルタ,モナコ,リヒテンシュタイン,ルクセンブルク,イラン