第3回スペイン日本語劇コンクールの開催

           

 6月22日、マドリードにおいて、第3回スペイン日本語劇コンクールが開催され、スペイン各地から集まった計7チームが、「となりの~」をテーマに日本語での表現力を競いました。当館からは鈴木書記官が審査員として参加しました。コンクール終了後には、水上大使がレセプションを主催し、関係者の労をねぎらいました。